ハチ退治にアルコールスプレー

“私は飲食店で働いています。
先日の営業中、フロアにハチが迷い込んできました。
お客様に「ハチがいるからなんとかして!」と言われましたが、お客様が飲食をされている近くで殺虫剤をまくわけにもいかず・・・。
特に混雑時ではなかったため、とりあえず席を移動していただき、トラブルにはなりませんでしたが、こういう場合どうしたらいいんだろう・・・。

そんな話を常連のお客様としていたところ、「アルコールスプレーで退治できるよ!飲食店ならアルコールスプレーあるでしょ?」と教えていただきました。
確かにアルコールスプレーは店内にあります。でもなぜアルコールスプレー?ハチが酔っぱらうの?酔っぱらってる隙に捕まえて外に逃がすのかな?と調べてみました。

理由は、アルコールの成分が昆虫の気孔をふさいでしまうのだそうです。つまり窒息させてしまうということです。
昆虫の気孔は油で覆われていて、水をはじく構造になっているのですが、アルコールの成分ははじくことができないのだそうです。

ハチは何も悪いことをしているわけでもないのに窒息させるなんて、かわいそうに思えてしまいますが、お客様を刺したりしてしまったら大変ですから、心を鬼にして退治するしかないのかもしれません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です