キャッシング注意点

キャシングに対しての注意しないといけない事について、私なりの考えですがキャシングカードには限度額が有り、
収取のバランスを守らないと次から次へとキャシングカードを、作って支払うことに陥ります。これは自転車操業といわれ、
自分で自分の首を絞めてしまうことになります。
確かに便利なカードですが、その反面には借りたお金を支払う義務が発生する事を、
考えて利用しないといけないという事をよく考えて利用しなければならないと思います。
人間は弱い生き物でついつい次から次と借金増やしてしまい。
債務超過に陥り首が回らない事になり、弁護士事務所に行って、
債務整理または自己破産の手続きをする羽目になります。
その様なことにならない様にある一定の基準を自分の中で作らないと、悲惨な事になるので、
くれぐれも注意して利用することが大事なことです。平成18年の12月に貸金の金利規制法の施行により、
それ以前の払いすぎたお金の過払い請求が出来る事により、
かなりの貸金業者にとっては過払い請求により銀行との業務提携する業者も出ています。
業界最大手の武富士も裁判所に、自己破産か、なんかの手続きをしたことを耳にした事を聞いたことがあります。
グレイゾーン金利時代の時の過払い請求によりお金が回らくなりこのような業者もあります。
現行の金利が18%上限だと思います。

それにより貸金業者も今では、四苦八苦している業者も多いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です